チャットレディに出会いを求めるのはNGなのか

チャットレディとの出会い

男性にとって推しの女性を見つけてしまったら、「あわよくば会ってみたい」という気持ちが働きませんか?
エロチャットで活動している女性(チャットレディ)は、素人女性なのでその想いもだんだんと強くなっている人もいるはず。
しかし残念なことにチャットレディに対して出会いを求めるのは無理難題なのです。
ここではなぜチャットレディとは出会えないのかを紹介していきます。

女性は仕事としてチャットをしている

まずチャットレディというのは、エロチャットではキャバクラ嬢のような存在です。
顧客がいて初めて稼げる。そのためチャットレディは、ネット界隈ではネットキャバクラとも呼ばれています。
女性たちは男性側がチャットやメール、音声通話をするために使用したポイントをお給料として受け取っているのです。
そのため、小遣い稼ぎとして人気のあるお仕事としていろいろな女性と遊べるわけ。
「出会い」を目的としてお仕事をしているわけでもないので、出会い系によくいる詐欺行為でもないのです。
きちんと法律と労働省から認可が下りているお仕事といえます。
その仕組みを分かっている男性の中には、アイドルに貢ぐ感覚で推しの女性のために音声通話をしゃべらずに繋ぎっぱなしにしている人もいるのです。

出会いは期待しないこと

前述したように、エロチャットで活動している女性は、画面越しでオナニーをしたりお話をしたりして男性を楽しませています。
そのため、出会いを求めるのはお門違い。
実際、真剣に「会ってほしい」と長年やりとりをしてきた女性に対してお願いをした男性がいます。
しかし結果は同じ。女性からすると会っている時間は時給も分給も発生しないので、ムダにしか感じられないのです。
エロチャットを利用するなら、出会いは求めないようにしましょう。

個人の連絡先を交換するのは禁止

エロチャットは女性と男性がコミュニケーションをとる場所です。
しかしあくまでもサイト内でやりとりをするので、チャットをしている最中またはメール機能を使って個人用の連絡先を要求するのはNG。
サイト運営側から監視されていることを忘れないようにしましょう。
「プライベートもないじゃないか!」と感じるかもしれませんが、チャットレディの安全を守るためには運営側の監視と管理が重要なのです。
キャバクラでいうボーイという認識でOKといえます。
男性客が暴れたり、女性にしつこく付きまとうと見張っているボーイから注意を受けたり追い出されてしまいますよね。
それと同じなのです。

昔はグレーゾーンだった?

実は10年以上前のエロチャットでは、「出会うのはこっちの勝手だよね」という風潮がありました。
まさしくチャットレディと男性が出会うのは、グレーゾーンだったわけなのです。
しかしそこから男女間でのトラブルが絶えなくなり、中には恨みから女性をストーキングしてしまう男性もいました。
「自分はそんなことしない!」と思っている男性もいますが、恋は盲目です。
誰だって恋に落ちると何をしでかすか、自分でも自分をコントロールできない人がたくさんいますよね。
そのためサイト側も規制を厳しくしないといけなくなり、今では連絡先を交換することはNGになっているのです。